ダイビングスクールに参加すればもっと休日を満喫できる

楽しそうな人たち
  1. ホーム
  2. 道具以外の準備

道具以外の準備

ウインドサーフィン

保管場所と運搬方法を確保

ウインドサーフィンを始める場合、ボードやセイルなどの道具を揃える必要があります。さらに、それらの保管場所や運搬する車の準備も、非常に大切な要素です。まず保管場所の準備については、ボードやセイル、マストが収納出来る広さが必要となります。風雨に晒されない屋内が理想的で、例えば一戸建て住宅であれば、屋内でも比較的簡単に収納スペースを確保出来るでしょう。ただし、ボードとマストは多少濡れても劣化しにくいため、庭に保管する方法もあります。この場合はブルーシートなどを被せ、太陽光や雨を防ぐと安心です。集合住宅の場合は自宅内での保管が難しく、ウインドサーフィン専門店に、保管を依頼する人が多いです。専門店では保管に応じてくれるほか、ボードやセイルのリペアも受け付けてくれます。しかも、専門店はゲレンデから近い立地が多く、ウインドサーフィンを楽しむ際に都合が良いです。この他、車の車内に保管する選択肢もありますが、夏場は高温に注意しましょう。車内の温度が高まると道具の劣化に繋がるので、車の位置を日陰に保つなどの工夫が必要です。道具を運搬する車は、全ての道具が車内に収まるミニバンタイプが適しています。また、ステーションワゴンタイプを選択する人も多く、ボードとマストは車の屋根に固定して運搬します。この場合、しっかりと固定出来るキャリアの設置が必要です。キャリアはウインドサーフィン専門店や、大型の車用品店で購入が可能です。